設備紹介

地球環境に優しい生産管理システム

シートのロス(原料ロス)を無駄なく生産する為、真空成型(真空成形)加工と自動トリミングを行い同時にシートの粉砕工程迄、一貫したプラスチック容器の自動生産を行っております。
環境対策、ゴミ対策、環境に調和した生分解性プラスチックは穀物の澱粉が主原料で微生物により分解され水とCO2(二酸化炭素)に成りダイオキシンや有害物質は発生致しません。
低公害容器、導電性トレー、ブリスターパック等の製品開発にも取り組んでおります。
当社は大阪市内でプラスチック容器やブリスターパックなどの真空成型(真空成形)を長年手掛けながら技術開拓に取り組み続けております。

マツバ技研工業の製造ラインの特徴

マツバ技研では準クリーンルームの設置しております。 食品トレーの場合は、食べ物(食品類)の容器であり、ゴミ、埃、抜きカス、小さい虫、毛髪、油等付着は禁物です。工場内への入室時は、毛髪のブラッシングを20回して二重構造の作業服を着用して静電気が起きないよう、電着帽を被りその上から頭巾を装着します。エアシャワー室の中で身体を3回転させその後、粘着ローラーで2人対面でかけるか全身鏡の前でローラー掛けを行います。 原材料の搬入も二重扉内でゴミ、埃、を除去して殺菌灯で20分間保管した後に搬入室を通り工場に入室します。 真空成形(真空成型)データに基づいて流し初めのテスト品と本番品を区別してテスト品は全部廃棄処分して本番品のみ抜き作業にまわし移動刃で抜きズレが無いことを確認しながら作業をします。成形品の四面体を目視で検品し、集塵機を通して袋詰め箱詰めを行います。

 

真空成型 準クリーンルーム

 

vacuum_forming_flow_s_matsuba.jpg

 

食品トレー成形工程 PETの自動パンチャーと集積

自動トリミングの集積 異物混入の除去 自動粉砕機の工程

製品によっては、素材などの兼ね合いで、手作業で作業を行うものもあります。

真空成型 手作業による作業

 


工場設備

設備写真:新型連続真空成型機

設備写真:工場内

設備写真:エアーシャワールーム

設備写真:様々な設備

エアーシャワールーム
清潔さを保つため準クリーンルームを完備しております。

失敗しない真空成形の設計のTips

マツバではお客様のニーズにお応えするため、色々な経験より設備機器の充実をはかっております。
アンダーカットのある成形品
  1. 金型の凹型にわずかなアンダーカットのへこみを付けて材料の収縮によりそのまま成形すればよいです。
  2. 金型の凸型にアンダーカットのある成形品はノックアウト装置で成形品を突き出します。無理をして突き出しても成形品が破れたり変形したり白化しないものは、ノックアウト板かノックアウト棒で突き出せば離型はできます(この方法はアイスクリームカップの成型に用いられています)。
  3. 大きなアンダーカットのある成形品は割型にします。無理をして離型をすると破れたり変形したりするものまたは、離型できないものは割型にして離型します。
プラグを使用する成形品の特徴と注意
プラグは深絞りのときの肉厚調整を目的とします。
  1. 成形途中まで直接加熱シートと接触してもシートの温度を下げないこと。
  2. 肉厚調整のため、形状変更が容易にできる材質及び構造であること。
  3. シートの滑りを適度にするために摩擦の低い材料を使用するか、直接面積の少ない毛ば立った材料を表面に使用すること。
  4. 硬い木目の少ない良く乾燥した材木を削りそのままプラグとして使用すること。
  5. 木製プラグの表面にフエルトかフランネルを張り付けます。コストが安く、スタート時から良い成形品がえられるので最も多く使用されています。
【安定した加熱をするには】
成形条件が変動すると不良品が発生するか、不良品の一歩手前の状態になります。不良品を出す前にその原因を取り除く必要があります。不安定な加熱もその一つで、加熱の不適による不良品が最も多くしめています。さらに精査すると電圧の変動と共に不良品が発生している場合があります。 対策として自動変圧調整器を付けて成形をすると不良率が低下します。
【原因の対策】
  1. 電圧の変動
  2. 気温の変化:気温の変化以外に加熱器の中へ風を吹き込んでヒーター温度を低下させたり雰囲気温度が下がったりすることがあります。
  3. シートの温度の差:供給シートの温度の差は材料置場と成型機付近との気温の差が大きいときに問題になります。冬季は材料を前日から成型機の横に置くか少なくとも成型機のある工場内にはこび込んで置くことが必要です。
  4. スタート時から一定温度に安定するまでの変化が大きいので、スタート時は少し加熱時間を長くし、順次短縮すれば良いです。
  5. 成型機の働作時間のばらつき:駆動用空気源の容量不足による空気圧の変動があります。
  6. 全く加熱条件の分かってない材料で成型を始めるときは、垂れ下り始め時か、その数秒後が成形に最も適した温度といえます。
【加熱不測の時】
  1. 凹型のコーナーが甘くなったり、金型に密着しなくなります。
  2. アンダーカットのある部分が丸くなり寸法精度が悪くなります。
  3. 型の面が傷や排気穴の跡がつかなくなります。
  4. 成形品の表面光沢が良くなります。
  5. 偏肉が少なくなり冷却時間が長くなる場合があります。
{加熱不足の対策}
  1. 加熱器の温度を上げたり、加熱時間を長くします。
  2. 真空もれや不足していないかチェックします。
  3. 排気孔が不足している場合は穴が詰まっている場合があります。
  4. 排気孔の径を大きくしたり、排気穴を掃除します。
【加熱過度の時】
  1. 偏肉、特に側壁が薄くなります。
  2. ブリッジが発生しやすくなります。
  3. 排気穴の跡が成形品にできてしまいます。
  4. プラグアシスト成形のとき、フランジ部分にしわが出たりパンクしたりします。
  5. 加熱時にシートが垂れ下ります。
【部分的に不良品が発生する時】
多数個取り、面積の大きい成形品のときは、不良個所や偏肉が発生しやすいです。
  1. 加熱時にヒーター内へ風が入り部分的に加熱むらが起こっている場合が多いです。
設備詳細
全自動連続真空成型機 山中機工
(温度調整機能付)700mm×1,000mm
ユニック真空圧空連続機 東成産業
(温度調整機能付)800mm×900mm
真空圧空トグル式成形機 脇坂ENG
(自動パンチャートムソン方式)800mm×900mm
液晶装置付連続真空成型機 脇坂ENG
(自動パンチャー付)800mm×900mm
液晶装置付真空圧空成型機 脇坂ENG
(自動パンチャー付)800mm×900mm
液晶連続真空成形機 脇坂ENG
(クリップ方式)850mm×1,050mm
高速裁断機 坂本機械
(50tプレス)600mm×900mm
両面自動油圧裁断機 東光機械
(70tプレス)700mm×1,000mm
高速裁断機 中森鉄工所
(20tプレス)450mm×600mm
高速裁断機 中森鉄工所
(50tプレス)700mm×1,000mm
高速裁断機 中森鉄工所
(50tプレス・オートテーブル仕様)
800mm×1,000mm
高速裁断機 中森鉄工所
(70tプレス・オートテーブル仕様)
800mm×1000mm

より良い製品を造るためあらゆる分野の設備が揃っています。
お客様の要求に対し今後も100%答えられる様、改善を進めてまいります。

>>ページトップへ戻る